英語勉強法

英語勉強法<010>

イムランです!

英語の勉強はがんばっていますか???

さて、今日はまたまた復習ネタです。復習は何のためにするのでしょう?

第二回目では、「習ったことを覚えるため(忘れないため)」と言いましたね。

初心者、初級者はそこまででも良いのですが、中級になったら、少し意識を変える必要があります。

中級の方でも、習ったことを覚えるため、忘れないために、復習してもらいたい
のですが、それと同時に、「次のレッスンで使うため」に是非習ったことを復習してほしいのです。初心者、初級者のレッスンだと、自己紹介を含めて、色々な
自分のこと、最近の出来事などについて話すことが多いので、レッスン内容を復習していれば、自動的に次のレッスンにつながります。

でも、中級になると、けっこう色々な話をしますよね。

そうなると、毎回違う話題になるかもしれない。毎回のレッスンで、「この単語や表現は次はいつ使えるのかな?」と感じるものが多く出てきますね。
そうすると、どうしても、復習する意欲がなくなります。

逆に、「じゃあ、この単語や表現(又は表現のバリエーション)を次回のレッスン
で使おう!」と思うと、少しやる気が出てくるはず
です。やってみてください。

こういう風に考えていただくと、自発性が出てきます。自発的に英語を話そうと思ったり、習ったものを使おうと思ったりします。

でも、最初から無意識にできるわけはないので、がんばって意識的にやってください。それを繰り返すと、
無意識にできるようになってきます。「そんなこと言われてもね~」と思う方もいるでしょうが、できるできないを判断する前に、とりあえずやってみてくださ
い。やってみて、ダメだったら、止めればいいだけですよね。


私のどうでも良い例を一つ紹介します。
私は何か悪い選択をしたり、自分に悪いことが起こっても、ほとんど後悔しません。よく自己啓発書には、「後悔をしてはいけない」みたいなこと書いてありますよね。「そんなこと言われても…」と思うじゃないですか。でも、私は高校の頃から自発的に「後悔すること」を止めました。別に自己啓発書を読んだわけではなかったのですが、「後悔」という気持ちが本当に嫌でした。生きていて、一番嫌な感情だと思います。なので、とりあえず後悔することを止めてみたのです。

最初から完璧にうまくいったわけではないですよ、もちろん。でも6ヶ月後には「後悔」しなくなりました。「後悔」するようなことがあれば、それを正す方向に
したりしました。今、私のやるイングリッシュ・ブートキャンプに全て返金保障をつけているのも、後悔したくないからです。「あの人のお金と時間を無駄にしてしまった…」そう後悔したくないから、返金保障をつけているのです。

とまあ、そんな感じで、一度意識してやっていくと、そのうち無意識にできるようになったり、色々な行動をそういう方向に向かわせることができるようになります。

なので、がんばって次のレッスンのために復習してください!

イムラン