英語勉強法

英語勉強法<008>

おはようございます、イムランです!

今日は初級と中級の勉強法の違いについてです。

よく「英語の勉強に映画を使うといいよ、と言われたのですが、実際はどうなんでしょう?」というご相談をされます。

「映画で勉強するといですよ」と言う先生はけっこういますが、勉強の仕方についてはけっこうてきとうな先生が多いです。確かに色々と勉強の仕方はありますが、初級と中級では明らかに勉強の仕方を変えなければいけません。

例えば、初級の方であれば、映画に出てくる表現を学ぶというのにフォーカスを置いたほうがいいです。そして、それをいかに次回のレッスンなどで使うかということを考えて勉強していただくのが良いです。

中級の場合は、言っていることが聞き取れるようになることにフォーカスを置くのがいいです。中級の場合、台詞のスクリプトは見てはいけません。極端な話、一生その映画のスクリプトは見てはいけません。スクリプトがあると、大抵の方は、台詞が分からなくても「後で見ればいいや」と思って、真剣に聞き取ろうとしません。

留学すると、なぜ3ヶ月でほとんど例外なく英語が聞き取れるようになるかと言うと、当たり前ですが、話されることのスクリプトなんかないので、集中してがんばって全ての英語を聞き取ろうとするからです。

そもそも友達と話していて、「あとでこの会話のスクリプト頂戴ね」とか言わないでよね?

なんですが、勉強の時は、少し分からないとスクリプトをくださいという方がかなり多いです。初級レベルの人にはあげてもいいのですが、中級の方はスクリプトがないほうがいいです。甘えが出ないので、ちゃんと上達します。

中級の方で、なかなかリスニングが上達しないという方はほぼ例外なく、リスニング教材のスクリプトを頼りにして勉強してます。

中級の方でも先生について勉強しているのであれば、先生がある程度のプレッシャーをかけられます。例えば、1時間レッスンで途中は絶対にスクリプトを見せないけど、最後には見せて確認するとか。

でも中級で独学されている方でスクリプトが手元にある人は大体、ちょっと分からないとすぐにスクリプトを見てしまうんですね。なので、スクリプトがないとちゃんとがんばって聞き取ろうとするので、中級の方でリスニングの勉強をしている方はスクリプトなしでがんばってください!

イムラン

PS-がんばらずに得た答えはまったく記憶に残らないので、気をつけてください!