英語勉強法

イムランからのご挨拶

こんにちは、イムランです!
この英語勉強法では、「真実性」にこだわっていきたいと思います。どういうことか言うと…

例えば、「この50パターンを覚えれば英語は話せる!」というようなタイトルの本が一時期大量に出版されていました。
ほとんどの方は、「へえ、そうなんだ!」と思ってこういった本を買ってしまいます。
では、実際、その50パターンだけで英語が話せるようになるか。
落ち着いて考えればそんなことないのは分かりますよね。
実際、私が検証したところパターン本で紹介されている表現が会話に出てくる割合はとても低いです。

例えば英語のレッスンで「週末どうだった?」と先生に聞かれたとします。
パターン本に書かれているのは、最初の出だしの文章だけです。
その後にあなたが言いそうなこと、
「○○をして、○○をして、その後○○をして、とても楽しかった。今度はこんなことをしてみたい。。。などなど」
ということはあまり書いてありません。

つまり、あなたが話すのは6~7文あるにも関わらず、
パターン系の本であなたが使えるのはそのうちの一文だったりします。
そういった表現を50覚えたとしても、結局出だししか言えずに、
その後何を言えばいいのか分からない、会話が続かないという状況に陥ってしまいます。
だから、この50パターンを覚えるだけで英語が話せるようになるわけではないのです。

私が言いたいのはパターン本が悪いということではなく
「この50パターンで英語が話せるようになります!」というのは、すごく「真実性」が低いということです。
落ち着いて考えれば分かることですが、本屋に英語の本を買いに行くと妙にテンションが上がるので、
「よし!がんばるぞ!この50パターンを覚えてバリバリ英語を話すぞ!」
と意気込んで本のタイトルを信じてしまうのです。

話を戻しますが、この英語勉強法は「真実性」の高いものにしたいと思っています。
つまり、本当にあなたの英語力が上がる事英語力のアップに確実につながることしかお話しません。
そして、やってはいけない、
それをやり続けても英語が上達しないという勉強法や考え方にもお話します。


かなり本音で語らせていただきますが、誹謗中傷はもちろんしません。
でも、あなたがやっている勉強法やあなたが大好きな著者のやり方を、意図的にではなく、結果的に否定することもあるかもしれません。
それは先に断っておきます。
でも、それは全て「真実性」の高いものを提供したいという気持ちからですので、
ご理解いただければ幸いです。

それでは、よろしくお願いします!

イムラン